DNA修復 | 群馬大学 柴田研究室
群馬大学昭和キャンパス
〒371-8511 
群馬県前橋市昭和町3丁目39-22
TEL:027-220-7977027-220-7977

DNA二本鎖切断発生時に活性化されるATMキナーゼについての総説を発表しました。

柴田と英国サセックス大学のPenny A Jeggo教授が、DNA二本鎖切断発生時に活性化される重要因子の一つであるATMataxia telangiectasia mutated)について、最新の知見をまとめた総説を発表しました。多彩な機能を持つATMについて、最新の研究報告を含めて簡潔かつ分かりやすくまとめていますのでこれから当該分野を研究したい方などにオススメな内容になっています。(Facebookはこちら)
https://www.mdpi.com/2073-4425/12/9/1370

この総説は、Genes誌のSpecial Issueである「”Role of ATM and MRE11 in Genomic Stability and Oxidative Stress Responses“」の中に掲載されています。この度は執筆の機会をいただきました、小林先生、秋山先生、誠に有難うございます。

また同Special Issueには、九州大学・山内さんの総説「Mechanisms Underlying the Suppression of Chromosome Rearrangements by Ataxia-Telangiectasia Mutated」、群馬大学・黒沢さんの総説「Autophosphorylation and Self-Activation of DNA-Dependent Protein Kinase」も掲載されています。ぜひご一読ください。

 

トップへ戻る