DNA修復 | 群馬大学 柴田研究室
群馬大学昭和キャンパス
〒371-8511 
群馬県前橋市昭和町3丁目39-22
TEL:027-220-7977027-220-7977

Molecular Cell誌に掲載された論文の研究成果について記者会見を行いました。

5月23日(月)に、群馬県庁にて、先日Molecular Cell誌に掲載された論文の研究成果について記者会見を行いました。 (Facebookはこちら)

花屋 機構長からのビデオによる紹介後、柴田が「DNAが傷ついたときに起こる新しい免疫応答の仕組みを解明」と題し、発見から15年以上謎に包まれていたDNA損傷後のHLA Class Iの提示機構の詳細な分子メカニズムを明らかにしたことを発表しました。今後、がん治療法の開発や改善、さらに慢性炎症や自己免疫疾患、アレルギー疾患の予防法や治療法にも波及効果が期待されます。記者の方々から、DNAが傷ついた時に起こるシグナル伝達の仕組みや、最新の技術を使って判明した「パイオニアラウンド翻訳」が抗原の源であることについて、質問が集まりました。また多くの記者の方々に興味を持っていただき、囲み取材においても多数質問を受けました。

・群馬大学プレスリリース(こちら
「DNAが傷ついたときに起こる新しい免疫応答の仕組みを解明
~これまで謎に包まれていたDNA損傷後のHLA Class I提示機構が明らかに~」

・九州大学プレスリリース(こちら

*2022年5月23日(月)「群馬テレビ」にて放映されました(動画はこちら

*2022年5月24日(火)「上毛新聞の22面」に掲載されました

*2022年5月24日(火)「日本経済新聞ネットニュース」に掲載されました(リンクはこちら


トップへ戻る